競馬三昧。

jraprogram.exblog.jp ブログトップ

【会員募集】夏競馬、メール会員大募集!

今年は、夏競馬もメール会員を募集します。

詳細は下記まで空メールを。


racingprogram@yahoo.co.jp




[PR]
# by yamatopretty | 2017-07-17 21:30 | 2017年夏季 | Comments(0)

宝塚、◎サトノクラウンは夏競馬への号令。

夏競馬、所謂2018年競馬の幕開けはキタサンではなくサトノである意味を十分に考えるべきであろう。


当然それは約1か月前に安田記念を制した同じサトノもその同一線上にある出来事であることは今夏以降の番組に活かすべきだろう。



【以下メール会員様への配信記事より抜粋】
昨年有馬記念が3億化したことで、ジャパンカップと同額化。


よって、ステップ戦を要しない謂わば主催者側が面子を決める管掌戦GIは全て並列戦へと移行された。


今年の宝塚記念は、初めて3億化有馬走破馬を迎えると同時に管掌戦GIの並列化完了を祝うべき初年度に該当する。


振り返れば有馬記念は、13~14年の2年間において1着賞金2億円で日本ダービーと同額・並列の関係だった。


この有馬記念走破組を迎えた14~15年の宝塚記念は、ゴールドシップがいずれも1着枠に配置され、その役割を担った。


同じことを繰り返すならば、有馬記念が3億化した翌17年は前年の1着枠に配置された馬を外すわけにはいかない。



◎サトノクラウン
◎’キタサンブラック



サトノクラウンは前年が1着同枠だったことから、キタサンではなく、今年は同馬が勝ちに出る可能性も充分にあるだろう。


【引用以上】


今年は夏競馬もメール会員募集します。
詳細は下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp




[PR]
# by yamatopretty | 2017-07-17 21:02 | 2017年夏季 | Comments(0)

【限定会員募集】宝塚記念 1レース限定!

上半期の総決算と言われる宝塚記念。

来週1レース限定で会員様を募集します。


宝塚記念1レース限定会員の詳細をご希望の方は下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp




[PR]
# by yamatopretty | 2017-06-18 21:00 | 2017年夏季 | Comments(0)

オークス、勝ち馬は1枠か5枠からしかあり得なかった。

ソウルスターリングが復権する結果になったが、その伏線には同額の皐月賞があり、NHKマイルカップがあることはメール会員様にもお伝えした。


そこからして、取消戦桜花賞で連対したレーヌミノルやリスグラシューは当然消しになる訳であって人気馬で拾えるのはソウルスターリングとアドマイヤミヤビまでだった。


枠ゾロ目は、2歳GI戦からの背景からして78回新出発回のオークス馬を来年以降に先送りした形となった。



【以下はメール会員様への配信記事より抜粋】
16年番組、そこではホープフルSが6700万とGI阪神JFを凌ぎ、朝日杯の間に割って入る競走となった。

今年度は、ホープフルSが7000万化することが決まっている。


皐月賞と同額群にある並列戦オークスにとって、同じ並列戦のGIは桜花賞と皐月賞以外に存在しない。


そして、件の桜花賞取消戦である。


桜花賞が何故取消戦のタブーと化したのか。


それは、並列戦に群する桜花賞が3歳クラシック初戦であるが故にその前身となるべき並列GIが2歳戦に存在しなかったからに他ならない。


皐月賞は桜花賞。
NHKマイルは朝日杯、阪神JFのようにそれぞれが前身になる立場のGIが存在していた。


その結果、タブー化した桜花賞ではトライアル戦前には既にバリバリのオープン馬であり、且つトライアルで優先権を取得した馬同士の決着となった。


では、オークスはどうか。


オークスは間違いなくフルゲートで施行される。
それは前身に1億同額戦の皐月賞がいるからである。


1枠もしくは5枠から勝ち馬だろう。


1枠、5枠のいずれもその同枠にはオークストライアル1着馬が配置されている。


桜花賞からの乖離を目指す決着であれば桜花賞後のトライアル1着馬を起用する手法は十分考えられる。

【引用以上】



全てをここに書く訳にはいかないが、ダービーの軸は既に決まっている。


3歳クラシックの集大成。
オペレーションは必ず有機的に繋がっている。



日本ダービー 1レース限定会員様を募集します。
詳細希望の方は下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp



[PR]
# by yamatopretty | 2017-05-22 19:34 | 2017年春季 | Comments(0)

◎アドマイヤリード、阪神JF1着同枠歴がシンボリックな訳。

自信を持って6番人気アドマイヤリードに◎を打った。


今年のVマイルの象徴的な存在、最もシンボリックな戦跡を彼女は持ち合わせていた。


【以下メール会員様への配信記事より抜粋】
新生回を迎えるヴィクトリアマイル。


第1回からこのGIはエリザベス女王杯と同額賞金戦にある。


2歳阪神JFから始まる牝馬GI戦線の中で、4歳馬以上の出走条件にあるVマイルにおいて今年の顔触れは即ち15年にデビューした馬達の集いである。


2015年は、2歳重賞賞金が改定される前夜にあたり阪神JFはホープフルSと同額戦という位置でバランスを保っていた。


今年のVマイルに居並ぶ17頭は、翌年参加する新賞金設定下の2歳GIを経験してきた馬達が参加しない最後の世代だ。


アドマイヤリード
15年阪神JF 1着同枠


その最後の世代を担う4歳馬の中にあって一際目立つ戦跡である。



◎アドマイヤリード



【引用以上】


オークス、日本ダービー2レース限定会員を募集致します。
詳細を希望の方は下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp





[PR]
# by yamatopretty | 2017-05-14 22:13 | 2017年春季 | Comments(0)

【限定会員募集】オークス、ダービー 2レース限定配信!

今年もオークス、ダービーの2レース限定配信で会員募集致します。


詳細希望の方は下記まで空メールを。


racingprogram2006

[PR]
# by yamatopretty | 2017-05-07 05:16 | 2017年春季 | Comments(0)

【限定会員募集】天皇賞春〜日本ダービー 計5レース限定配信!

新生・大阪杯は、キタサンブラックが制した。
新生・大阪杯の1着賞金12000万の設定は他に同額のGIがない謂わば単独賞金戦だ。


そして彼が初めて制したGI戦、菊花賞もまた他に同額のGIがない単独賞金戦である。


競馬は必ず有機的に繋がっている。
彼が春天でどのような役割に回るのか、それは彼が昨年走った宝塚記念や有馬記念を見ればお分かりになるだろう。


天皇賞春〜日本ダービーまでの計5レース限定会員を募集します。


詳細ご希望の方は下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp





[PR]
# by yamatopretty | 2017-04-24 22:36 | 2017年春季 | Comments(0)

【限定会員募集】春季GI会員募集!

桜花賞〜安田記念まで、計8レース配信の限定会員を募集します。


詳細をご希望の方は下記まで空メールを。


racingprogram@yahoo.co.jp




[PR]
# by yamatopretty | 2017-04-03 00:02 | 2017年春季 | Comments(0)

【限定企画】新生GI・大阪杯限定会員募集。

新生GI・大阪杯の限定会員を募集します。



詳細希望の方は、下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp




[PR]
# by yamatopretty | 2017-03-29 23:50 | 2017年春季 | Comments(0)

◎ソウルスターリング、◎カデナを指名!

3歳クラシックトライアル2レースを配信。


1人気だったが、いずれも1着指名。


ソウルスターリングがアパパネ型ではなく、トールポピーやレーヴディソール型である以上、彼女の前途は決して洋々ではないだろう。


チューリップ賞
【以下メール会員への配信記事より抜粋】
阪神JF馬ソウルスターリングは早々にチューリップ賞を前哨戦に選択した。


過去、何頭もの阪神JF馬がチューリップ賞をステップ戦として出走してきた。


勝利し、桜花賞最右翼としての地位を確立させた馬もいれば敗退し、クラシック戦線が混沌となる年と様々だ。


では、今年のソウルスターリングはどちらだろうか。


チューリップ賞は、昨年1着賞金増額化し、今年は据え置き戦。加えて12頭の非フルゲート戦だ。


これは、チューリップ賞を取りこぼしたトールポピーやアパパネ型ではなく、ブエナビスタやレーヴディソール型の年と同様だ。



◎ソウルスターリング



桜花賞から先はさて置き、少なくともこのチューリップ賞では番組表的観点からも負けられない立場だ。




弥生賞
【以下メール会員への配信記事より抜粋】
閉幕回を数える今年の弥生賞。


当然ながらそれに相応しい馬が選ばれる。


今年、古馬においては大阪杯のGI化、そして2歳重賞においてもホープフルSがGI化する。


いずれも2000m戦においての変革だ。


2歳ホープフルSのGI化に伴い、京都2歳Sも昨年の特指戦から今年は指定戦へと姿を変える。


馬齢重賞勝ちは、カデナただ1頭だ。


この馬が京都2歳Sに続いて閉幕戦の弥生賞も回収役に回る。



◎カデナ



現時点で、単勝3倍強も付く非常に美味しい馬券だ。



【引用以上】



引き続き、お試し会員募集中です。


入会をご希望の方は、下記まで空メールを。


racingprogram2006@yahoo.co.jp







[PR]
# by yamatopretty | 2017-03-09 23:58 | 2017年春季 | Comments(0)

競馬にたらればはいらない。必要なのは番組表のみ。


by yamatopretty
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite